2011年02月27日

ヒューゲル収穫祭その1

晴れ快晴の朝、いよいよ収穫祭に出発です車(セダン)
私は友達と二人で参加
運転は友達にお任せでヒューゲルさん目指してGOー手(グー)

ヒューゲル集合の参加者の皆さんと一緒に乗鞍のペンション【ウインズ】さんへ
本日参加の皆さんは私のパン好きなんてフッと飛ばされてしまう位の
超〜パンにこだわりを持った方ばかりです
CIMG1121.JPG

素敵なペンションでしょexclamation
玄関横には、かわいいピザ焼き小屋が
CIMG1122.JPG

そして、中には大きな石窯が夕食用のパンの1つを焼くため
お昼頃からガンガンに温められていました
CIMG1117.JPG


CIMG1116.JPG

窯が温まるまでの間
参加者は窯用のピールまたはパンのカッティングボード製作をexclamation
私は我が家の石窯用にピールを作る事にしました

でもこれが思っていた以上に大変で細かい行程があせあせ(飛び散る汗)

それなのに1人1人完全なオーダーメイドを快く受けて下さり
ほとんど全員が違う長さ・形・大きさと、わがまま言い放題で製作開始顔(イヒヒ)

まずは材料のカット
何年も何年もウイスキーがしみ込んだウイスキーの樽材使用ですexclamation
CIMG1107.JPG


次に別々にカットされた持ち手とパンを乗せる部分をボンドで接着します
CIMG1109.JPG


そして乾かし、完全にくっ付くまで30分待ちます
CIMG1110.JPG


その間に石窯では・・・
窯の内部が500℃程に温まり、ヒューゲルのチーフさんが
おきを出し、モップをかけ窯内の湿度と温度の調節を

そして、この窯で焼くのがヒューゲルオリジナルパン【ノルマンディーrai】
CIMG1119.JPG

とっても大きくてどっしりした新作パン
CIMG1120.JPG

窯の中に入れてぇ〜
どんなパンが焼けるのか楽しみです揺れるハート

そして私たちは

乾いた材料にサンダーをかけたり、角を取ってもらったりしながら
ほとんど手取り足取りで手伝っていたでき(やってもらい?)
作業を進めて行きました
CIMG1128.JPG

パンを滑らせる傾斜は、プロの技でカンナをかけていただきました
見ていても、とっても大変な作業で、本当にありがとうございましたあせあせ(飛び散る汗)

そして遂に最後の行程、油を塗ってのコーティング
CIMG1129.JPG


さあ どんな風に出来上がったかな?
そして石窯パンは?

次回をお楽しみにわーい(嬉しい顔)


ニックネーム おがちょ at 20:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 石窯&パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おがちょさん、お疲れ様!!!
ご一緒に参加できて
楽しい時間をありがとうございました。

良い感じに、石窯でブロート焼けたことでしょうね!!!!
私もオーブンで焼きましたよ〜
でも、石窯の方が素敵に仕上がってうらやましいです。

またお会いできる日を楽しみにしてます。
ブログの続きが楽しみです。
Posted by かおりんご at 2011年02月27日 22:30
おがちょ様、感謝祭ご一緒ありがとうございました。
実は、石窯工房前で撮った写真を、いただいたアドレスへ送信したのですが、エラーで送れませんでした。

つきましては、私の拙いblogのメールフォームから送付先アドレスをご連絡下さい。
Posted by mid-tail at 2011年02月27日 22:42
かおりんごさんへ
ホントに楽しかったですね!!!
次の日もご一緒できなかったのがとっても残念でした。
翌日の分は写真が少ないけど報告しますね!

mid-tailさんへ
こちらこそありがとうございました!
同じテーブルで悪戦苦闘しながらパン生地をこねた事
忘れない思い出になりました!
これを機会にこれからもよろしくお願いします。
Posted by おがちょ at 2011年02月28日 20:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2575311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック